モグニャンキャットフードを食べない原因と対処法

猫のご飯

 

愛猫のためにモグニャンキャットフードを買ったのに食べないや食べないという口コミがちらほらあるから買いにくいという人のために、モグニャンキャットフードを食べない原因と対処法についてお伝えします。

 

モグニャンキャットフードのようなプレミアムキャットフードに切り替えるのは飼い主としても思い切った決断なので、食べてくれないと困りますよね。

 

それでは、モグニャンキャットフードを食べない原因から見ていきましょう。

 

モグニャンキャットフードを食べない原因

モグニャンキャットフードを愛猫が食べてくれない原因は主に3つ。

 

モグニャンキャットフードを食べない原因
  • においや食感、味などが好きじゃない
  • いつもと違うエサを警戒している
  • おやつを食べすぎておなかがすいていない

 

猫はこだわりが強く、嗜好に合ったフードでないとなかなか食べてくれません。

 

モグニャンキャットフードの場合、魚のにおいが強いです。魚好きの猫ならすぐに食べるようになってくれますが、そこまで好きじゃない猫は食べるまで他のフードと混ぜて与えたほうがいいでしょう。ココナッツオイルの香りが苦手な猫もいて、その場合も他のフードと混ぜた方がいいです。

 

また、猫は生後6ヶ月までに食べたものを食べ物と強く認識するため、それ以降に新しいフードをあげても食べてくれないことがあります。ちゅ~るのようなおやつはすんなり受け入れたのに、キャットフードとなるとなかなか食べてくれないと苦労する飼い主さんも少なくありません。

 

そして、おなかが空いていないということもありえます。おやつの与えすぎやご飯の間隔を調整し、食べてくれるようにしましょう。

モグニャンキャットフードを食べないときの対処法

ペロリ

 

モグニャンキャットフードを食べないときの対処法は、他のキャットフードを食べないときの対処法と同じです。

 

一気に切り替えず、徐々に増やしていく

新しいキャットフードに切り替えるときに一気にやってしまうとおなかをこわしてしまったり、嘔吐してしまったりする原因になります。そのため、切り替えるときは徐々に増やしていくようにしましょう。

 

まずは、今あげているキャットフードにモグニャンキャットフードを少し混ぜてあげてみてください。1日の給与量が56gの猫だったら今のキャットフード50g、モグニャン6gくらいからでいいです。

 

その後は、猫のおなかの調子も見ながらモグニャンキャットフードに慣れさせていき、問題がなければ徐々に割合を増やしていくといいでしょう。完全にモグニャンキャットフードにするまでの期間は10~14日程度で、食べてくれるなら1日に7~10%くらいずつモグニャンの割合を増やしてもいいです。

 

また、におうけど食べずに嫌がってそうなときはふりかけやウェットフードなどでにおい変えをするのもあり。この場合、ふりかけやウェットフードばかり食べないようにしっかり混ぜることが大事です。

 

小さくしたり、ふやかしたりする

フードを小さくしたり、ふやかしたりすると食べてくれる場合もあります。モグニャンキャットフードの場合、小粒なので小さくするよりもふやかして食べやすくする方がいいでしょう。

 

温度があがるとにおいが出やすくなるのでぬるま湯でふやかすのがおすすめです。ただし、お湯の方に栄養が溶け出してしまうため、できれば残ったお湯も飲んでもらいましょう。

 

そして、こちらも徐々にぬるま湯をかける量を減らしていき、何もしなくても食べてくれるようにしていってください。

 

すでに従来のキャットフードを食べてくれている猫にすることは、最初に食べてくれないときと違って少ないです。2つの方法でモグニャンキャットフードに慣れさせていって食べてくれるようにしましょう。